※本サイトにはプロモーションが含まれています。
  1. TOP
  2. 周年祝い
  3. 周年祝いにおすすめの胡蝶蘭【相場とマナー】

周年祝いにおすすめの胡蝶蘭【相場とマナー】

周年祝い この記事は約 8 分で読めます。 473 Views

周年祝いの花

胡蝶蘭は、その美しさと「幸福が飛んでくる」という花言葉から、多くのお祝い事に選ばれる花です。特に企業の周年祝いには、その繁栄と長寿を象徴する胡蝶蘭が最適です。

胡蝶蘭の価格は一般的に1万5千円から3万円の範囲で、お求めやすい中大輪のものから豪華な大輪のものまで様々です。これらは場所を取らず、オフィスでも邪魔になりにくいため、贈り物としては非常に実用的です。

周年祝いの際には、胡蝶蘭を白や、企業のイメージカラーに合わせた特別な色で選ぶと、より一層の喜びをもたらすことができます。ただし、赤いラッピングは避けるべきです。赤は火事や赤字といったネガティブなイメージを連想させる色であり、お祝いの場では好まれません。

お届けについては、記念日の1週間前から当日にかけてが一般的ですが、状況に応じて最短で当日配送を行うサービスもあります。また、フラワーギフトには立て札を添えることが一般的で、送り主の思いが伝わるよう工夫されています。さらに、多くのフラワーショップでは送料無料での配送を提供しており、手軽に利用することが可能です。

企業の節目を祝うために胡蝶蘭を選ぶ際は、周年祝いの通販ランキングなども参考にしながら、最適な一鉢を選ぶと良いでしょう。それにより、長い間記憶に残る素晴らしい周年記念ギフトとなるはずです。

周年祝いの胡蝶蘭におすすめの値段(価格)は?

周年祝いに胡蝶蘭を選ぶ際、価格は重要な要素です。胡蝶蘭はその豪華さと美しさで知られ、特別な記念日にふさわしい花とされています。一般的に、胡蝶蘭の価格はそのサイズや花の数、品質によって異なりますが、おおよそ1万円から3万円の範囲が一般的な相場です。

特に重要な周年や大切なビジネスのパートナーへの贈り物としては、5万円以上のプレミアムな胡蝶蘭も選ばれることがあります。これらの高価な胡蝶蘭は、通常よりも多くの花を咲かせ、見栄えが良く、長持ちする傾向にあります。そのため、記念すべき日に長くその美しさを楽しめるため、価格が高くなる傾向にあります。

選択する際には、予算だけでなく、祝いの場の雰囲気や相手の好み、意図するメッセージも考慮することが大切です。

例えば、創立記念日や重要な節目のお祝いには、より豪華で印象的な胡蝶蘭を選ぶことが推奨されます。一方で、個人的なお祝いや少し控えめなシチュエーションでは、シンプルで上品な胡蝶蘭が適しているでしょう。

最終的には、胡蝶蘭を選ぶ際には、価格だけでなく、その美しさやメッセージ性を重視し、周年祝いの目的に合った最適な一鉢を選ぶことが肝心です。

周年祝いに贈る胡蝶蘭のマナー

会社に贈る周年祝いの花

周年祝いに胡蝶蘭を贈る際は、そのマナーやエチケットを理解しておくことが重要です。胡蝶蘭はその美しさと豪華さで、特別なお祝い事にふさわしい花とされています。

この花を選ぶ際には、花のサイズや色、本数が相手の地位や祝いの規模を表すため、相手の企業やお店の規模に合わせた選び方が求められます。

特に、大きな企業やお店の周年祝いには、豪華なものを選ぶことが一般的ですが、小さな企業や個人商店には控えめなサイズが好ましいでしょう。

色に関しては、白やピンクが一般的で、これらは純粋さや感謝の気持ちを象徴します。また、胡蝶蘭は一般的に3本立ち以上を贈ることが多いですが、これは「成長」と「繁栄」を意味しており、相手への尊敬と祝福の意を込めるためです。

贈る際のマナーとしては、配送日時を事前に確認し、必ず受け取り可能な日時に設定することが重要です。

不在時に配送されてしまうと、花が鮮度を失うだけでなく、相手にも迷惑がかかる可能性があります。ラッピングや立て札についても、適切なものを選び、送り主の名前やメッセージを明確に記載することが求められます。

このように、胡蝶蘭を贈る際には、花の選び方からラッピング、配送のタイミングに至るまで、細かな配慮をすることが相手への敬意となり、お祝いの気持ちを適切に伝えることができます。

周年祝いに胡蝶蘭を贈るタイミング

周年祝いの胡蝶蘭

周年祝いに胡蝶蘭を贈る際、最適なタイミングは祝いの前日です。このタイミングであれば、胡蝶蘭がその美しさを保った状態で届けることができ、受け取り手も安心して花を飾る準備ができます。また、胡蝶蘭はその場の雰囲気を華やかにするため、会場の装飾が始まる前に届くことが理想的です。

事前に相手の都合を確認し、受け取りやすい日時を選定することが重要です。

急な配送では、相手が受け取りに困る可能性がありますし、当日配送すると、イベントの準備で忙しい中での受け取りとなり、相手にとって負担になることも考えられます。また、日本の伝統に則り、六曜を考慮に入れることも配慮の一つと言えるでしょう。

特に仏滅の日は避けるようにすると、より丁寧な心遣いとなります。

このように、胡蝶蘭を周年祝いのギフトとして選ぶ際には、美しさを最大限に引き出すタイミングでの配送計画が肝心です。

適切な準備とタイミングで、胡蝶蘭はその全ての魅力を発揮し、記念すべき日の素晴らしい彩りとなるでしょう。

周年祝いの一般的な相場

特別な記念日や周年祝いに贈る胡蝶蘭の選び方には、贈る相手との関係やその節目の重要性が反映されるため、相場を理解して適切な選択をすることが重要です。

一般的にビジネスシーンでは、取引先の周年祝いに1万円前後の胡蝶蘭が選ばれることが多いです。これは、相手に敬意を表しつつも、過度な贈り物とならないようにバランスを取るための一般的な価格帯です。

一方、より深い関係性のある取引先や、特別な節目である場合には、2万円から3万円程度のものが選ばれることがあります。

こうした胡蝶蘭は、一般的なものよりも大きさや花の数が多く、見た目のインパクトも大きいため、記念すべき日の特別感を演出します。

プライベートな関係では、友人や親族に贈る周年祝いには、5千円から1万円の胡蝶蘭が適しています。

これは比較的リーズナブルでありながら、心を込めた祝いの気持ちを表現するのに十分な価格帯です。

親しい間柄だからこそ、相手の好みや家の雰囲気に合ったものを選ぶことができるのも大きな利点です。

周年祝いのラッピング

胡蝶蘭は特別なギフトとして人気がありますが、そのラッピングも重要な要素です。

ここで紹介しているサービスでは、お客様が周年祝いなどの特別な機会に合わせて、多種多様なラッピングオプションを提供しています。

お祝いの際には、受け取る人の好みや企業のブランドカラーに合わせて、最適なデザインを選ぶことができます。特に、明るく温かみのある色のラッピングが好まれる傾向にあります。

また、胡蝶蘭を贈る際のマナーとして、赤だけのラッピングは避けるべきです。

赤は赤字や火事を連想させることがあり、特にビジネス関連のギフトでは不適切とされています。

そのため、赤だけでなく異なる色とミックスさせたり、落ち着いた色や明るい色を選ぶことが推奨されます。

立て札・メッセージカードのポイント

周年祝い表書き

周年祝いとして法人向けのギフトの際は木目札を使用し、フォーマルな個人向けのギフトでは紙の立て札が好まれます。

これらの立て札には、贈る理由として「祝 御設立○周年」や「祝 〇周年」といった文言を記載し、贈り主の会社名、役職、お名前を加えることが一般的です。また、お届け先の名前を明記することもあります。

一方、もっと気軽な個人ギフトや卓上で飾るタイプの商品には、メッセージカードを添えると良いでしょう。

このカードには、心温まるメッセージを手書きで加えることができ、受け取った人に直接感謝の気持ちを伝えることが可能です。

おすすめ胡蝶蘭通販

プレミアガーデン

芸能界・政財界・上場企業もご用達の胡蝶蘭通販
胡蝶蘭の見た目・品質ともに業界トップクラス
  • 最安値は10120円(税込)の大輪胡蝶蘭3本立ち
  • 送料:有料(1200円)
  • 価格は1万円以下から7万円台まで豊富な品揃え
  • 種類、カラー別に3本立・5本立・7本立まで手配可能
  • 東京23区、大阪市、名古屋市、福岡市は最短当日配達。(早めのネット申込み限定)全国に最短で翌日着(北海道、沖縄、九州、四国は翌々日)に対応
  • 名札、ラッピング無料
  • お届けする花の画像配信に対応(配送後)
  • 銀行振込、クレジットカード決済、請求書払に対応
  • ネット注文に限り、初回500円割引と総額の3%割引あり

お祝いに贈った胡蝶蘭が相場(値段)以下に見られることがないのは安心感がありますし、受け取った相手からも「新鮮で見栄えの良い花が届いた」と喜ばれます。

 

安くて良い花が最短で届けられるおすすめのサービスを知っておくと、様々なシーンの祝い花が手配できるので一度チェックしておいて損はないと思います。

周年祝いマナーと豆知識

開店して1年経つお店には、1周年のお祝いとしてお花を贈ることが最も多く、3周年、5周年、7周年、10周年という節目を迎える時に贈るのが一般的です。

 

会社の場合は10周年、20周年、30周年というふうに10年単位(または5年単位)でお祝いを贈ることが多いです。

それぞれ相手方から通知が届くことがあるので周年に合わせてお祝いを贈るのがマナーとなっています。

お店の場合は「開業開店して何年」というように数えるのですが、会社の場合は「創立」「創業」「設立」して何年?という数え方をします。

会社の場合はそれぞれ意味合いが異なりますので、周年祝いのマナーとしてここで確認しておくと良いでしょう。

創立

創立の意味は、組織をはじめて立ち上げることをさします。会社だけでなく学校や各種団体などにも広く使われます。

 

創業

創業の意味は、組織か個人かの区別は関係なく、はじめて事業を行うことをさします。

例えば、すでにある組織の中で子会社を新たに作るときや事業を新たにはじめるという場合には、創立ではなく創業になります。

設立

設立の意味は、創業と似てるので混同しやすいです。

創業と異なるのは、会社法に基づき、定款を作成して公証人の認証を受け、商業登記を行ったうえで法人として会社組織を立ち上げることにあります。

お祝いのカードや札に書く表書きで迷ったときは「祝 ○周年」や「○周年御祝」とするのがおすすめです。

または、相手方から通知で「創立○周年のお知らせ」などが届きますので、その記載に合わせるようにしましょう。

管理人紹介 管理人一覧

管理人AYU

管理人AYU

外資系企業に務めるサラリーマンのAYUと申します。年間100件以上の胡蝶蘭を注文している私が、「安さ」と「品質」「最短納期」や「サービス内容」などを利用者の視点でおすすめの胡蝶蘭通販サイトを紹介しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 開店祝いの花が安く買えるおすすめ胡蝶蘭サービス3選

  • 胡蝶蘭が贈れるおすすめ通販

  • 開店・開業のお祝いに縁起物の良い胡蝶蘭

  • 周年祝いにおすすめの胡蝶蘭【相場とマナー】

関連記事

  • 周年祝いの胡蝶蘭

  • 飲み屋さんの周年祝いに贈る胡蝶蘭